トイレで控えたい掃除方法。綺麗にするコツは?

トイレリフォーム

トイレで控えたい掃除方法。綺麗にするコツは?

こまめな手入れで清潔に保ちたいトイレ。

実はトイレを清潔に保つためには
掃除の注意すべき点があります。

トイレ掃除を行う上で控えたい
掃除方法、トイレを綺麗にするための
コツや、掃除のポイントをご紹介します。

「トイレ掃除でのNG行為」

トイレ掃除で行うべきでない
行為をチェックしていきましょう。

・先に掃除機をかける

掃除といえば先にゴミやホコリを取るため
掃除機をかけることが多いですが、
トイレ掃除に関してはこれはNG。

トイレの床に飛び散った尿汚れが
掃除機のヘッド部分に付着してしまうため
その後掃除機を使用した部屋に
尿汚れを移してしまうこととなります。

・素手で触る

トイレ掃除を行う際、細かな部分まで
しっかり掃除をしようとして、
素手で触れてしまうことはありませんか?

ウイルスや菌が多いトイレを
素手で触ってしまうと手にバイ菌が移り、
食中毒や体調不良の原因になることも。

トイレ掃除の際は必ず
手袋をはめて行うようにしましょう。

・ブラシをそのまま使う

トイレ掃除のためにトイレブラシを
置いているという家庭は多いと思いますが
そのブラシ自体の手入れも必須。

トイレの汚れが付着したブラシを
再度使用すると以前ブラシに付着した汚れが
またトイレに付着してしまいます。

そのためトイレ掃除が終わったら
ブラシも手入れする習慣をつけましょう。

・研磨剤を使用する

頑固な汚れを取り除く際に活用する
研磨剤は便利な掃除アイテムですが、
トイレによっては使用することにより反対に
汚れやすくなってしまう場合があります。

トイレの説明書を確認すればわかりますが
基本的にコーティング加工がされたトイレは
研磨剤の使用がNGとなっているので
一度確認しておくと良いでしょう。

・便器の乾拭き

便器は思っているよりデリケートな素材で
できているため、研磨剤を使っていなくても
雑巾やトイレットペーパーの乾拭きだけで
傷ついてしまうことが考えられます。

そのため、トイレ用お掃除シートを使ったり、
濡らしてから硬く絞った雑巾などで
便器は拭きあげるようにしましょう。

・便器しか掃除をしない

トイレで最も汚れやすい場所は便器ですが、
便器と同じくらい周辺も汚れています。

特に立って用を足す男性がいたり、
蓋を閉めずに水を流す癖があると
便器の周辺は余計に汚れやすくなっています。

そのため、便器の掃除をする際は一緒に
付近の掃除も行うようにしましょう。

・酸性洗剤と塩素系の併用

トイレに付きやすいアンモニアや
尿汚れには酸性洗剤が効果的ですが、
酸性洗剤を使用する際は塩素系洗剤と
併用しないよう注意が必要です。

酸性と塩素系の洗剤が混ざると
有毒なガスが発生してしまいます。

どちらも使いたいという場合は
日を分けて使うようにしましょう。

「トイレを綺麗にするコツ」

次はトイレを綺麗にするために知っておきたい
掃除のコツを見ていきましょう。

・掃除の順番

トイレ掃除はどこから手をつけるのか
その順番も重要となります。

トイレ掃除は基本的に
汚れの少ない場所から行いましょう。
タンクやレバー、便器の蓋から始めて
便座、便器の中という順番になります。

床や壁の掃除は便器の水が跳ねることを考えて
最後に行うと良いでしょう。

・汚れに合わせたアイテム選び

掃除を行う際は、汚れを取るための
アイテムが必要です。

トイレの場合、トイレブラシやトイレ洗剤
お掃除シートなどが挙げられます。
トイレ洗剤がない場合は代用品として
トイレの汚れと相性の良い酸性洗剤や
クエン酸を用意すると良いでしょう。

・見逃しがちな箇所を押さえる

せっかくトイレ掃除をしても
見逃している箇所があると
そこからニオイや雑菌が繁殖して
しまいます。

特に見逃しがちなウォシュレットのノズルや
トイレスリッパなどの備品も、
トイレ掃除の際には忘れず手入れしましょう。

「トイレ掃除のポイント」

では、トイレ掃除で行うべきで
ない方法、掃除のコツを踏まえて
トイレ掃除のポイントを確認しましょう。

・気になるニオイの取り方

トイレのニオイはアンモニアによるものです。

酸性洗剤やクエン酸を使って
尿石汚れを綺麗に取り除けば
おのずとニオイもなくなるでしょう。

香り付きの置き型洗浄剤やトイレ用消臭剤を
置いておけばより安心です。

・頑固汚れの落とし方

頑固な汚れはつけ置きで落としましょう。

汚れの場所にトイレットペーパーを配置し、
洗剤をかけて貼り付けます。

あとは洗剤に記載された時間通りに
時間を置いてブラシで擦れば
さっぱり落とすことができるでしょう。

「NG行為とコツを押さえてトイレを綺麗に掃除しよう」

汚れやすくデリケートなトイレは
掃除を行う際もその順番や方法に
注意が必要です。

掃除方法を誤ると反対に汚れやすくなったり
傷がついてしまうこともあります。

トイレを綺麗に保つためにも
トイレ掃除でやってはいけないNG行為や
掃除のコツやポイントを知っておきましょう。

【営業時間】
10:00~18:00

ご相談フォーム

お名前必須
ふりがな必須
電話番号
郵便番号 (入力例:7618083)
※郵便番号を入力いただくと住所が自動入力されます
住所

町名以下は任意入力です。

メールアドレス必須

※記入お間違いなきようにご確認ください。
※お問合せ内容のお返事に使用します。DMはお送りしておりません。

リフォーム
希望箇所
ご相談内容

関連する人気のおすすめ記事

水廻り窓には”断熱カーテン”がおすすめ。その特徴と選び方をチェック
水廻り窓には”断熱カーテン”がおすすめ。その特徴と選び方をチェック 気温が下がり、室内まで冷たい空気が 舞い込んでく……
その他

水廻りの詰まりを直す”ラバーカップ”の正しい使い方
水廻りの詰まりを直す”ラバーカップ”の正しい使い方 水廻りの詰まりを直すアイテムとして 定番のラバーカップ。 ……
トイレリフォーム

水回りに取り入れたい漆喰壁の魅力
水回りに取り入れたい漆喰壁の魅力 こだわりの強い住宅や昔ながらの住宅の 外壁などに使われているイメージがある漆喰。 ……
その他

関連キーワード

税務・経営・経理のことならお気軽にご相談ください!

0120-86-8140

メニューを閉じる

水まわりリフォーム専門店高松リフォームプラザ

0120-822-270

電話受付 10:00~18:00
上記電話番号をタップすると発信します。

閉じる