水廻りの快適性を高める!”窓の性能”について解説

2021年9月14日 その他

水廻りの快適性を高める!”窓の性能”について解説

窓を取り付ける際、窓の性能について
考えたことはあるでしょうか。

窓は選ぶサッシやガラスによって
異なる特徴を持っています。
水廻りに合う窓を上手に選ぶには
その種類や特徴を知っておくことが重要です。

窓が持つ役割や種類など窓の性能
について解説します。

「窓が持つ役割」

まずは窓の役割を
改めて確認していきましょう。

窓が持っている役割は大きく分けて2つ。

1つ目は換気の役割。
空気を入れ替えることで
水廻りの湿気やカビの対策に役立ちます。

2つ目は採光の役割。
光を取り入れ水廻りを明るく照らします。
光を体に浴びることは健康的にも良いとされ、
精神的にも前向きになる効果があります。

「窓が熱を逃がす比率」

換気や採光の役割を持つ窓ですが
外気の影響を受けやすく、室内の
冷気や暖気が逃げてしまうのがデメリットです。

室温と外気温の程度によりますが、
夏は約70%の熱が窓から入り、
冬は約55%の暖気が窓に逃げている
というデータがあり、水廻りを快適な
温度に保つためには、窓の断熱性が
大切だということがわかります。

「窓の性能を示す熱貫流率」

窓の断熱性を考えた時に
注目すべきなのは熱貫流率です。

熱貫流率とは室内の熱が外に
出てしまう際の速さを表す言葉で、
U値とも呼ばれています。

単位は「W/㎡・K」で表され、
数値が小さいほど断熱性に優れています。

この熱貫流率は室内と室外で
温度差が1℃の場合、
1時間で面積が1㎡の部材から
出て行く熱量を表した数値です。

「窓ガラスの種類」

では次に窓ガラスの種類と特徴、
そして熱貫流率を見ていきましょう。

・単板ガラス

フロートガラスとも呼ばれる単板ガラスは
1枚の透明なガラスです。

水槽やガラスの棚板にも使われており、
透視性や採光性に優れている一方で
外気の影響を受けやすく
結露が発生しやすいのが欠点。

窓ガラスとして良く使用されている
厚さ3mmの単板ガラスの場合、
熱貫流率は6.0(W・K/㎡)となっており、
最も熱を逃がす窓ガラスです。

・合わせガラス

合わせガラスはその名の通り、2枚のガラスを
貼り合わせて1つにしたガラスです。

単板ガラスと比較すると
防音性や防犯性に優れているのが特徴。
ガラスが割れてしまった際に
破片が落下したり飛散するのを防ぎます。

厚さ6mmのガラスを2枚合わせた場合、
その熱貫流率は5.5(W・K/㎡)と
なっています。

・複層ガラス

複層ガラスはペアガラスとも呼ばれ、
合わせガラスと同じく
2枚のガラスからなっています。

違いはガラスの間に空気層があること。
空気層を設けることで
防音性や断熱性をさらに高めています。

そんな複層ガラスの熱貫流率ですが、
厚さ3mmの単板ガラスの間に
6mmの空気層を設けた場合は
3.4(W・K/㎡)と小さい数値になっています。

・Low-e複層ガラス

Low-e複層ガラスは複層ガラスの一種で
特殊な金属コーティングを施したガラスです。

コーティングを室内側のガラスに施した
断熱タイプは夏の日差しの侵入を防ぎ、
室外側のガラスに施した遮熱タイプは
冬の暖房効率を上げる効果があります。

熱貫流率は2.5〜2.7(W・K/㎡)。
ガスが注入されている場合は
2.1〜2.3(W・K/㎡)とさらに小さくなり、
単板ガラスと比較するとかなり
断熱性が高いことが伺えます。

「窓サッシの種類」

次にサッシの種類を見ていきましょう。

・アルミサッシ

家庭で多く普及しているアルミサッシは
加工のしやすさや価格の安さが特徴です。
アルマイト処理と呼ばれる加工を施すことで
耐久性も向上しています。

しかし、熱伝導のかなり高いアルミサッシは
結露が発生しやすいのがデメリットです。

一般的な単板ガラスのアルミサッシ
の場合、熱貫流率は約6.51(W・K/㎡)。
熱を逃しやすい窓と言えます。

・複合サッシ

アルミと樹脂や木材などの素材を
組み合わせたサッシです。

室内側と室外側の素材を変えることで
アルミの耐久性と樹脂や木材の断熱性という
両方の利点を活かせるのが特徴。

熱貫流率は11mm以上のガラスで
約3.49(W・K/㎡)です。

・樹脂サッシ

省エネ住宅で使われることの多い樹脂サッシは
熱伝導も低く加工もしやすい一方で
耐久性に劣るため厚みのある作りとなっています。

10mm以上の複層ガラスと組み合わせると
その熱貫流率は約2.91(W・K/㎡)と小さく、
ガスを封入した10mm程度のLow-eガラス
との組み合わせで約2.15(W・K/㎡)
まで断熱性が向上します。

北海道では約90%の住宅で
採用されているとも言われています。

・木製サッシ

温かみのある木製サッシは高い断熱性と
調湿機能が特徴となっています。

見た目もおしゃれですが、高額で
なおかつこまめなメンテナンスが
必要となるデリケートなサッシです。

熱貫流率は10mm以上の複層ガラスと
合わせると樹脂サッシと同程度に
なります。

(出典)断熱建材協議会
「建具とガラスの組み合わせによる開口部の熱貫流率」

「家庭に合った窓を選んで水廻りを明るく快適な空間にしよう」

換気や採光といった役割を持つ窓は
サッシの種類やガラスの種類によって
特徴や熱貫流率が異なります。

水廻りを快適な空間にするためにも
窓の種類や特徴を知っておきましょう。

【営業時間】
9:00~17:00(定休日/水・祝)

ご相談フォーム

お名前必須
ふりがな必須
電話番号
郵便番号 (入力例:7618083)
※郵便番号を入力いただくと住所が自動入力されます
住所

町名以下は任意入力です。

メールアドレス必須

※記入お間違いなきようにご確認ください。
※お問合せ内容のお返事に使用します。DMはお送りしておりません。

リフォーム
希望箇所
ご相談内容

関連する人気のおすすめ記事

2021年9月22日
トラブルが起こる前に検討したい配管リフォーム
トラブルが起こる前に検討したい配管リフォーム 水回り設備を利用するのに欠かせない 配管も、長く使い続けることで 劣……
その他

2021年9月22日
トイレや洗面所に取り入れたいアクセントクロスの選び方
トイレや洗面所に取り入れたいアクセントクロスの選び方 自分好みの空間にしたい我が家。 広いリビングやダイニングは……
トイレリフォーム

2021年9月21日
ステイホーム期間を充実させる水回りの使い方
ステイホーム期間を充実させる水回りの使い方 発見されてから1年以上の月日が経過し ワクチン接種が始まりつつも 未だ……
その他

関連キーワード

税務・経営・経理のことならお気軽にご相談ください!

0120-86-8140

メニューを閉じる

水まわりリフォーム専門店高松リフォームプラザ

0120-822-270

電話受付 9:00~17:00(水・祝を除く)
上記電話番号をタップすると発信します。

閉じる