水廻りのスペースををコンパクトに。不要な空間をなくす減築リフォーム

2021年7月21日 その他

水廻りのスペースををコンパクトに。不要な空間をなくす減築リフォーム

今まで快適に暮らしてきた自宅が
無駄に広く感じてしまうことはありませんか?

特に子供が独り立ちしてしまった家庭や
足腰を悪くして、移動が大変な家族が
いる家庭、今となっては水廻りが
大きすぎるような場合、家をコンパクトにできる
減築リフォームがおすすめです。

こちらでは減築リフォームがどういったものを
指すのか、はたまたどのようなメリットがあり、
デメリットがあるのか費用などを併せて
解説します。

「減築リフォームとは」

減築とは増築の反対で使っていない
無駄な空間をなくし、
住宅をよりシンプルでコンパクトにする
リフォームのことを指します。

家庭環境に変化があったり、
現在の自宅が暮らしづらいと
感じている家庭におすすめの
リフォームです。

「減築のメリット」

では次に減築を行うメリットについて
見ていきましょう。

・掃除の手間が軽減される

床面積を減らせばその分掃除の手間を
軽減できると言い換えることができます。

使っていない部屋や広すぎる水廻り、
設備でもホコリは溜まるため掃除は必要。

特に物置と化している部屋は
よりホコリが溜まりやすく、掃除が
非常に面倒です。

減築で掃除の手間を減らせればその時間や
労力を有効に活用できるでしょう。

・防犯性が向上する

使っていない部屋に窓がある場合、
ずっと電気をつけていないと
空き巣に狙われてしまう可能性もあります。
もし空き巣が入ってきたとしても
気づかない可能性だって考えられるでしょう。

そんな部屋を減築し、
使っている空間だけを残すことで
空き巣も入りづらくなり、
防犯性を高めることが可能です。

・固定資産税が安くなる

住宅をコンパクトにして床面積を小さくすれば
床面積の合計で金額が決められる
固定資産税が今より安くなる
というメリットがあります。

また、メンテナンスが必要な場所も減るため
メンテナンスにかかる費用も抑えられ、
冷暖房の効率も上がるため、
光熱費の削減にも繋がるでしょう。

・上の階の減築で耐震性が向上する

2階建住宅や3階建住宅で1階以外の階を
減築すれば耐震性が高められる
という点もメリットです。

上の階の面積が狭くなり軽くなると
1階にかかる負担が軽減されるため、
耐震性が高まり、建物も劣化しづらくなります。

「減築のデメリット」

減築はメリットだけではありません。
デメリットも確認しておきましょう。

・登記申請が必要

減築リフォームを行うと床面積が変わるため、
登記申請をしなければなりません。

登記申請はリフォーム後1ヶ月以内に
行わなければならず、
手間はもちろん費用もかかることから
減築のデメリットだと言えるでしょう。

・施工費用が高額になる

外壁や柱など住宅全体に手を加える
減築リフォームでは
思いの外高額な費用がかかります。

木造住宅では、例えば解体時に
水廻りにシロアリ被害が発見され、
シロアリ駆除などで更なる費用が
かかってしまう可能性も考えられます。

費用を抑えるためには、
事前に自治体の助成金制度などを確認し、
有効に活用していくことが大切です。

・仮住まいが必要な可能性も

工事の大きさや内容によっては
住みながらの工事が難しく、
仮住まいを用意しなければならない
可能性もあります。

その場合は事前に仮住まいできる場所を
確保しておかなければならず、
仮住まいにかかる費用も
考えておかなければなりません。

「減築にかかる費用」

では実際、どのくらいの費用が
かかるのでしょうか?

減築費用の目安は1平方メートルの
施工面積で10.5万円〜15万円
程度です。

パターン別に見てみると
平屋の一部(6坪〜21坪)または
2階の一部を減築する場合は
400万円〜700万円程度が相場で
2階建住宅を平屋にする場合は
450万円〜2700万円程度が相場です。

2階建住宅で一階の天井をなくして、
吹き抜けを作る場合は
100万円〜500万円程度が相場
となっています。

「家庭環境に合わせた減築リフォームで住みやすい家にしよう」

子供が独り立ちして部屋が
余っている場合や使ってない部屋が
物置になってしまっている場合、
また、身体を悪くして移動が大変な
場合には、住宅を今よりコンパクトにする
減築リフォームがおすすめです。

水廻りスペースなどは新しく
コンパクトなユニットバスを入れるなど、
不要な場所を減築すれば、余計な
空間を掃除する手間もなくなり、生活も
よりシンプルになります。

工事の内容によっては
防犯性や耐震性が高まったり、
固定資産税も安くなるでしょう。

家庭環境の変化に合わせて減築を行えば
今よりシンプルでより住みやすい家を
作ることが可能です。

【営業時間】
9:00~17:00(定休日/水・祝)

ご相談フォーム

お名前必須
ふりがな必須
電話番号
郵便番号 (入力例:7618083)
※郵便番号を入力いただくと住所が自動入力されます
住所

町名以下は任意入力です。

メールアドレス必須

※記入お間違いなきようにご確認ください。
※お問合せ内容のお返事に使用します。DMはお送りしておりません。

リフォーム
希望箇所
ご相談内容

関連する人気のおすすめ記事

2021年7月27日
風水で考える浴室リフォーム
風水で考える浴室リフォーム 間取りを考えたり、インテリアを設置 する際、使いやすさやデザインと合わせて 意識したい……
キッチンリフォーム

2021年7月27日
リフォームで家事が効率的になる!水廻りの動線
リフォームで家事が効率的になる!水廻りの動線 洗い物や料理、掃除や洗濯 などの毎日の家事は、より効率 良く行うこと……
キッチンリフォーム

2021年7月26日
安全な入浴のために取り入れたい入浴リフトの種類と選び方
安全な入浴のために取り入れたい入浴リフトの種類と選び方 高齢者や障がい者にとって 大きな負担になるのが入浴です。 ……
お風呂リフォーム

関連キーワード

税務・経営・経理のことならお気軽にご相談ください!

0120-86-8140

メニューを閉じる

水まわりリフォーム専門店高松リフォームプラザ

0120-822-270

電話受付 9:00~17:00(水・祝を除く)
上記電話番号をタップすると発信します。

閉じる